妊娠しやすくする飲み物!?ストレス軽減効果のある水素水のメリット

ストレスが不妊原因になることも!お互いのコンディションを整えよう

子どもができない原因は?

お腹

「妊娠できない理由は見つからないのに、どうして妊娠できないの?」そんな悩みを抱えている夫婦も数多くいます。精子や卵子のトラブルだけでなく、普段の習慣やコンディションが妊娠を邪魔していることもあります。

妊娠できない原因は、健康面にもある

不妊の原因

カウンセリング

不妊には、さまざまな要因があります。直接妊娠に関係する問題なら、無精子症や勃起不全、生理不順や子宮異常、卵子や精子が正常に機能していないという原因が考えられます。しかし生殖機能に問題がないのにも関わらず妊娠できない場合には、妊活の進め方やコンディションが影響している恐れがあります。お互いのタイミングや肌と心のふれあいも重要です。お互いの体と心のコンディションにも問題はないか確認してみましょう。

日常生活から要因チェック



妊活を邪魔する要因には、普段の習慣やコンディションなども影響します。まずは当てはまる項目がないか、要因のチェックをしてみましょう。

不妊習慣チェック

  • 以下の項目に1つでも当てはまったらすぐに改善しましょう
  • 暴飲暴食・偏食など食生活が乱れている
  • パートナーや周囲からのプレッシャーを感じている・仕事のストレスを溜めている
  • 太り過ぎている・または痩せすぎている
  • 手足が冷えやすく、むくみがおきやすい
  • 減量や極端な食事制限などをするダイエット中である
  • 睡眠不足・寝る時間が定まっていない
  • コンディションが良くないと、精子や卵子のパフォーマンスも大きく下がります。これらのチェックに当てはまるなら改善していきましょう。

    健康が重要な理由

    男女

    体のコンディションを調整し、健康を保つことは妊娠するために重要なポイントです。健康的な生活習慣は、ホルモンの分泌を正常にして、精子や卵子を元気にします。精子や卵子が正常に働けるように、基礎体力をつけ、着床後の受精卵が成長できる環境を作りましょう。妊娠はキャッチボールです。相手のところまで届く勢いがないと、途中でボールは落ちてしまいます。受け取る側もキャッチする準備をしなければ、ボールをとりこぼします。両方のパフォーマンスを上げるためにも、お互いに悪い習慣や問題に向き合っていくと良いでしょう。

    不妊とストレス(活性酸素)には密接な関係がある

    不妊と活性酸素

    顔を隠している女性

    美容や健康サイトでも注目されている活性酸素。活性酸素とは、大気中の酸素を体に取り入れたものから作られています。取り込まれた酸素が化合されて、活性酸素になります。呼吸をする生き物すべてが、体内で活性酸素を作っているのです。活性酸素は心身にストレスなどを受けることで増加します。少量の活性酸素には、細胞をガードする効果があります。しかし、活性酸素が増加しすぎると、細胞死・体の酸化を招きます。細胞の老化が進むので、子宮などが老化し、妊娠しにくくなります。

    ストレスと活性酸素のメカニズム

    メカニズム

    ストレスは、活性酸素が発生する要因となります。ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを生成する際に、活性酸素が発生し、悪玉活性酸素も増加します。通常は、抗酸化ビタミンが、発生した活性酸素を抑える役割をこなし、ある程度なら正常化することができます。しかし、過度のストレスや緊張がかかれば、抗酸化ビタミンの数が足りなくなります。日々の生活において、ストレスから完全に開放されるのは難しいことです。なるべくストレスや、余計な負担を体にかけないようにすることが必要です。もしくはストレスを感じたときに、活性酸素を増やさないよう抗酸化ビタミンや、活性酸素を減らす役割をする成分 を取り入れるようにすると良いでしょう。

    活性酸素が男女に及ぼす影響

    活性酸素が、増えすぎると体の老化が進みます。活性酸素が、男女の体に引き起こす問題や、影響について知っておくと良いでしょう。

    活性酸素の影響

    ・ホルモンの働きが低下し、精子の数が減る。

    ・精子に元気がなくなり、卵管を通って、受精することができなくなる。

    ・男性ホルモンの数が減り、加齢臭などがでる

    ・活力の低下・ストレスへの耐性低下

    ・内臓脂肪がつきやすくなる

    ・活性酸素が過酸化脂質となると、動脈硬化が起こる恐れもある。

    ・活性酸素の影響で、ホルモンの働きが低下する。

    ・女性ホルモンの働きが弱まることで、活性酸素が処理されにくくなる

    ・卵子の働きが弱まり、妊娠しにくくなる

    ・胎盤や受精卵などを構成する細胞分裂が不十分になる

    ・妊娠を維持して、出産につなげるのが難しくなる。

    ・シミやしわができやすくなる

    活性酸素の影響で、ホルモンを作る働きが低下すると、ホルモンバランスが崩れます。男女とも、生殖機能に問題が発生しやすくなるのです。ほかにも活性酸素の増加は、シミやしわ、代謝能力の低下、白内障など多くのトラブルにもつながります。女性の場合、活性酸素を食い止める女性ホルモンが正常に作られなくなれば、一気に老化が始まってしまいます。妊娠し、元気な子どもを産むためにも、活性酸素対策を取り入れましょう。

    不妊の天敵・ストレス(活性酸素)をやっつけろ!水素水という強い味方

    活性酸素のダメージを軽減させる水素水

    活性酸素の説明

    美容でも注目されている水素水には、悪玉活性酸素を除去する効果があります。細胞死を招いて、体の老化を進行させる悪玉活性酸素(ヒドロキラジカル)と水素分子を結合させ、水として体外へ排出します。水素水は活性酸素をすべて取り除くわけではなく、体を守る善玉活性酸素を体内に残すことが可能です。水素分子の特性で、水素分子は悪玉活性酸素とのみ結合します。体を守る善玉活性酸素とは結合しません。そのため、悪玉活性酸素だけを取り除くことができるのです。水として外に出されるので、新陳代謝の促進効果も期待できます。またストレスによってかかる負荷を軽減してくれるので、副腎皮質ホルモンなどの生成で体にかかるダメージを軽減することができます。また、悪玉活性酸素を除去することで、ホルモンバランスが調整されます。それにより、ストレス耐性が復活する効果や、脳の酸化や気力低下にも効果があるでしょう。体への負担が減ると、疲労による倦怠感が軽減され、心の体力も回復しやすくなります。

    top